ネクサス

NEXUS ”絆”という名の会社。

絆に支えられ、真のエンターテイメント企業を目指す。

お知らせ

企業情報
リオオリンピック フェンシング日本代表 橋本監督 見延選手記者会見

2016年6月19日、上野精養軒(東京都台東区上野恩賜公園内)において、リオデジャネイロオリンピック・橋本寛フェンシング日本代表監督、男子エペ代表見延和靖選手の記者会見が執り行われました。
多数の報道陣が詰めかける中、NEXUS所属の橋本監督、見延選手ともに金メダル獲得を高らかに宣言。
メダル獲得への決意にあふれた記者会見となりました。

photo_nexus16.6.19.jpg

■フェンシング日本代表監督 橋本寛
全選手がリオへ向けていい準備ができている。見延選手はエストニアのワールドカップ大会で優勝した実績もあり、男子エペ初のメダル獲得を大いに期待している。金メダル候補の一人でもあり、万全の状態で挑めれば十分にチャンスがある。
青木選手は、自身が小柄なことを活かしたフットワークが持ち味。いいコーチと出会い実力をつけてきており、スピードを活かしたフェンシングで上位進出を期待している。
西岡選手は前回の悔しさをバネに4年間努力を重ねてきた。ケガも治り体調は万全で、実力を発揮できれば十分にメダル獲得を期待できる選手の一人です。
全選手メダル獲得を目指して最大限努力する。金メダル獲得を最大の目標としています。

■男子エペ日本代表 見延和靖 選手
エストニア大会での優勝実績もあり、自信を持って挑む。自分の強みは前に出る攻撃的なフェンシングなので、本番ではその部分を活かして積極的なプレーをしたい。今の最高の状態をキープして、目標の金メダル獲得に向けて全力で挑みたいと思います。


2016.04.21企業情報(公開)バックナンバー
 リオオリンピック フェンシング日本代表選手 発表記者会見

NEXUSフェンシングチーム HP
 http://nexus-group.jp/fencing/

お知らせ