ネクサス

フェンシング

HOME / 大会日程・結果 / 男子サーブル ポーランドワールドカップ

大会日程・結果

Schedule / Result

2015.2.20~2015.2.22

男子サーブル ポーランドワールドカップ

会場:ポーランド(ワルシャワ)

大会結果

宮山亮      62位予選結果 3勝3敗
【決勝トーナメント】
トーナメント256   宮山  15ー13 KISEL(BLR)
トーナメント128   宮山  15ー14 BARLOY(FRA)
トーナメント 64   宮山   9ー15 MONTANO(ITA)
新井弘太    136位予選結果 2勝4敗
【決勝トーナメント】
トーナメント256   新井  11ー15 GEORGIA
個人戦最終順位
(所属)【最終順位】
徳南堅太(デロイトトーマツ) 58位
宮山亮(NEXUS)     62位
島村智博(警視庁)     119位
新井弘太(NEXUS)   136位
【大会上位者】
1位 GU (KOR)
2位 DOLNICEANU (ROU)
3位 CURATOLI (ITA)
3位 SZLAGYI (HUN)
男子サーブル団体    18位島村・徳南・新井・R宮山
【トーナメント】
トーナメント32  日本 41ー45 グルジア
【大会上位国】
1位 フランス
2位 韓国
3位 ロシア

大会コメント

2015年2月20日~2015年2月22日までポーランドのワルシャワにて開催しておりましたワールドカップには、
NEXUSから宮山選手、新井選手が出場致しました。
【宮山選手コメント】
今回は、久しぶりにベスト64に残ることができ、15本勝負の10点が過ぎてからも落ち着いて戦うことができました。負けた試合は、通用する部分としない部分がはっきりしたので、日本に帰ってからの課題にして練習していきたいです。
【新井選手コメント】
予選では距離の調整が上手くいかずやられる場面が多くありました。トーナメントでは距離の調整が上手くいき決まるポイントが多かったのですが、後半ディフェンスにまわりすぎてやられてしいました。下がらない勇気を持ち、前で勝負出来るようしていきます。
団体戦では個人戦の反省がいきた試合内容が出来きましたが、ポイントをとられたときに審判の判定にあつくなってしまったので、対応出来るようにしていきたいと思います。