ネクサス

フェンシング

HOME / 大会日程・結果 / アジア選手権

大会日程・結果

Schedule / Result

2014.7.1~2014.7.7

アジア選手権

会場:韓国(スウォン)

大会結果

女子サーブル個人
【最終順位】(所属)
江村美咲  2位(エリートアカデミー)
田村紀佳  5位(NEXUS)
菊池美香  5位(警視庁)
伊藤真実 11位(警視庁)
【決勝トーナメント】
・田村紀佳(NEXUS)
ベスト32 トーナメント 田村 15ー10  AU(HKG)
ベスト16 トーナメント 田村 15ー03  PAMANSHA(KAZ)
ベスト08 トーナメント 田村 06ー15  LEE(KOR)
【大会上位者】
1位 KIM (KOR)
2位 江村(JPN)
3位 LEE (KOR)
3位 SHEN(CHN)
       
女子サーブル団体 5位田村、菊池、伊藤、濱田
【トーナメント】
1回戦    JPN 40-45 HKG
2回戦    JPN 45-35 THA
5位決定戦  JPN 45-43 VIE
【大会上位国】
1位 CHN
2位 KOR
3位 KAZ
4位 KOG
男子サーブル個人
【最終順位】(所属)
田中瞬  11位(警視庁)
島村智博 12位(警視庁)
徳南堅太 17位(デロイトトーマツ)
宮山亮  21位(NEXUS)
【決勝トーナメント】
・宮山亮(NEXUS)
ベスト32 トーナメント 宮山 13ー15  XU(CHN)
  
  
【大会上位者】
1位 GU(KOR)
2位 ABEDINI(IRI)
3位 LAM(HKG)
3位 PAKDAMAN(IRI)
         
男子サーブル団体 2位宮山、島村、田中、徳南
【トーナメント】
一回戦 JPN 45-41 HKG
準決勝 JPN 45-44 IRI
決勝  JPN 28-45 KOR
【大会上位国】
1位 KOR
2位 JPN
3位 CHN
4位 IRI
女子フルーレ個人
【最終順位】(所属)
西岡詩穂  8位(NEXUS)
柳岡はるか 7位(法政大学)
宮脇花綸 10位(慶応義塾女子高校)
草野広美 13位(NEXUS)
【決勝トーナメント】
・西岡詩穂(NEXUS)
ベスト32 トーナメント 西岡 15ー05  NGUYEN(VNM)
ベスト16 トーナメント 西岡 15ー07  CHEUNG(HKG)
ベスト08 トーナメント 西岡 13ー15  NAM(KOR)
・草野広美(NEXUS)
ベスト32 トーナメント 草野 15ー05  ZIYAEUA(UZB)
ベスト16 トーナメント 草野 10ー12  NAM(KOR)
【大会上位者】
1位 NAM(KOR)
2位 JEON(KOR)
3位 CHEN(CHN)
3位 LE(CHN)
 
女子フルーレ団体 3位西岡、草野、柳岡、宮脇
【トーナメント】
1回戦   JPN 45-24 SIN
準決勝   JPN 30-45 CHN
3位決定戦 JPN 45-31 HKG
【大会上位国】
1位 KOR
2位 CHN
3位 JPN
男子フルーレ個人
【最終順位】(所属)
千田健太  3位(筑波大学大学院)
三宅諒   7位(SEIKO)
淡路卓  14位(NEXUS)
太田雄貴 16位(森永製菓)
【決勝トーナメント】
・淡路卓(NEXUS)
ベスト32 トーナメント 淡路 15ー06  ZHANG(SIN)
ベスト16 トーナメント 淡路 13ー15  CHEN(CHN)
 
【大会上位者】
1位 HEO (KOR)
2位 CHEN(CHN)
3位 千田 (JPN)
3位 LI(CHN)
 
男子フルーレ団体 3位淡路、太田、千田、三宅
【トーナメント】
1回戦   JPN 40-45 HKG
準決勝   JPN 45-35 THA
3位決定戦 JPN 45-43 VIE
【大会上位国】
1位 CHN
2位 KOR
3位 JPN
男子エペ個人
【最終順位】(所属)
坂本圭右  2位(自衛隊体育学校)
伊藤心   6位(NEXUS)
見延和靖  9位(NEXUS)
山田優  19位(日本大学)
【決勝トーナメント】
・伊藤心(NEXUS)
ベスト32 トーナメント 伊藤 13ー12  LIM(SIN)
ベスト16 トーナメント 伊藤 15ー14  LI(CHN)
ベスト08 トーナメント 伊藤 10ー15  ALEKSANDRO'(UZB)
・見延和靖(NEXUS)
ベスト32 トーナメント 見延 06ー05  ZHANG(CHN)
ベスト16 トーナメント 見延 07ー12  NGYUEN(VIE)
【大会上位者】
1位 JUNG(KOR)
2位 坂本(JPN)
3位 PARK(KOR)
3位 ALEKSANDROV(UZB)
 
男子エペ団体 3位見延、坂本、宇山、山田
【トーナメント】
1回戦   JPN 45-24 HKG
準決勝   JPN 39-44 KOR
3位決定戦 JPN 45-33 KAZ
【大会上位国】
1位 KOR
2位 CHN
3位 JPN
4位 KGZ

大会コメント

2014年7月1日~7日、韓国(スウォン)にて、アジア選手権が開催されました。
NEXUSより田村選手、宮山選手、見延選手、伊藤選手、西岡選手、草野選手、淡路選手の7名が出場。
【大会を終えて監督からのコメント】
●女子サーブル●
田村選手は個人戦では本人らしい思い切った動きが出ていてよかったので、10月からのWC・GP(ワールドカップ・グランプリ)大会に向けて期待が持てる。
●男子サーブル●
団体は5年ぶりの決勝進出で銀メダルを獲得。宮山選手も決勝の舞台に立ったので、この勢いを世界選手権(7月)・アジア大会(9月)に臨んでもらいたい。
●男子エペ●
見延選手が予選プールを全勝で上がったのでベスト8からの戦いが楽しみであったが、残念ながらベトナムの選手に敗退してしまった。伊藤選手は最近成績をアップしてきているので、両名とも世界選手権に期待したいと思われる。
●女子フルーレ●
女子フルーレはリオオリンピックの団体戦はないので個人戦での世界ランキングをあげるしかない。今大会での結果を反省し世界選手権(7月)での奮起を期待したい。
●男子フルーレ●
日本チーム団体としてはリオオリンピックに出場するには最低限アジア・オセアニア地区2位以上なので残念な結果である。淡路は個人戦2位となったCHEN(中国)に敗れたが団体ではロンドンオリンピック金メダリストのLEI(中国)を相手に多くのポイントを獲得するなど健闘した。